大刀剣市 カタログ掲載品
石黒政美

第55回重要刀装具 NBTHK Jyuyo Paper No.55

No.F00202

桐箱 畳紙

     参 考 品

竪長さ : 7.65cm   横長さ : 7.2cm  耳の厚さ : 0.5cm

画題

猛禽図

: 武蔵国 (東京都・埼玉県・神奈川-東部)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀装具指定書

平成21年10月16日

寿翁斉 行年七十一才

石黒政美作

 

縦丸形、鉄槌目地、高彫、金・銀・素銅象嵌、角耳小肉、小柄櫃孔

説明

 石黒政美は、その現存する年紀作から安永3年に生まれ、通称を庄蔵といい、寿岳斎・寿霍斎また寿翁斎・寿翁などと号した。はじめ佐野直好の門に入り、のち石黒家の初代:政常に学び、双方の一字をとり好を美と換えて政美と名乗り、名実ともに石黒派の実力者として活躍し、多くの門人を育成した。作風は同派の嗜好に則し、花鳥を主題とした華麗な絵画的世界を高彫色絵で展開している。

 本作の表には岩上の鷹を、裏には松樹を配し、鉄を地がねに力強い高彫を披露した一作である。同派中の好画題であり、昂然たる鷹と孤高の松が存分に明示されており、画面には清澄な気高さが満ちている。加えて鷹に見る、渾身の肉彫にして精緻な鏨使いは流石であり、重厚な翼や鋭い眼光、嘴や鉤爪の力強さ等に同工ならではの秀逸な彫技が示されており、実に迫力ある作品に仕上がっている。

備考

 

石黒政美1
石黒政美2
石黒政美3
石黒政美4
石黒政美5
石黒政美6
石黒政美7
石黒政美8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る