本阿弥家は、刀剣の鑑定と研磨を業とした家で、その初祖を妙本という。初代:妙本、2代:本妙、3代:妙大、4代:妙秀、5代:妙寿、6代、本光、7代:光心、8代:光刹と続き、9代:光徳の頃より、刀剣の鑑定・代付けなどが本格的に行われるようになり、10代:光室から折紙が発行される。発行の方法としては、初代:妙本の命日である3日に本阿弥家一同が宗家に集まり、合議のうえ鑑定し、折り紙を発行した。

 

読み
9代 光徳 こうとく
10代 光室 こうしつ
11代 光温 こうおん
12代 光常 こうじょう
13代 光忠 こうちゅう
14代 光勇 こうゆう
15代 光純 こうじゅん
16代 光久 こうきゅう
17代 光一 こういつ
18代 光鑑 こうかん
19代 忠明 ちゅうめい

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る