大刀剣市 カタログ掲載品
肥前初代忠吉

特別保存刀剣 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No.F00180

(附) 黒呂色塗鞘打刀拵

白鞘  金着一重ハバキ

      参 考 品

刃長 : 74.8cm  (2尺4寸7分) 反り : 1.3cm  (4分強)

元幅 : 3.0cm 先幅 : 2.3cm 元重 : 0.65cm 先重 : 0.5cm

登録証

青森県教育委員会

昭和26年06月20日

: 肥前国 (佐賀県・長崎県)

時代 : 江戸時代初期 慶長17年頃 1612年頃

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀剣鑑定書

平成26年08月14日

肥前国忠吉

形状

 

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟、身幅広めに重ね尋常に、元先の幅差少なく、磨上ながら長寸にて、反り浅くつき、中鋒延びごころとなる。

板目つみ、杢交じり、肌立ちごころに、地沸微塵につき、地景よく入る。

直刃調浅くのたれごころを帯び、小互の目交じり、足・葉よく入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかり、処々喰違刃・二重刃風交える。

直ぐ調に小丸に小さく返り、先掃きかける。

磨上(約3.2cm)、先切、鑢目勝手下り、目釘孔二。

 

 

目貫

小柄

 

黒呂色塗鞘打刀拵 総長 : 103.0cm

菊紋図、丸形、赤銅磨地、金布目象嵌、金覆輪、両櫃孔、無銘

高さ:7.7cm 幅:7.4cm 厚さ:0.3cm

白鮫着、黒糸巻柄。長さ:23.0cm

赤銅魚子地、高彫、金象嵌色絵、安田方常(花押)

高さ:3.8cm 幅:2.4cm

黒角所

牡丹獅子図、金地容彫、無銘(菊岡光利)

牡丹獅子図、赤銅魚子地、金据紋、裏含金、菊岡光利(花押)

縦:9.7cm 横:1.5cm

牡丹獅子図、赤銅魚子地、金据紋、裏含金、菊岡光利(花押)

縦:21.2cm 横:1.3cm

説明

 初代忠吉は、橋本新左衛門と称し、肥前鍋島藩抱え工であり、慶長元年藩命により一門の宗長と共に京の埋忠明寿の門に学び、忠吉は鍛刀、宗長は彫技を学んだ。同三年帰国し、佐賀城下に住し、藩の庇護のもとに大いに繁栄した。元和10年、再度上洛して武蔵大掾を受領し、名を忠広と改めた。寛永9年8月に61歳で歿したといわれる。

 この刀は、現状で2尺4寸7分(74.8cm)の長さとなっており、約1寸(3.2cm)ほど磨上られており、元来は2尺6寸(78.0cm)を超える大柄の体配をした豪刀であったと推察される。地鉄は、小板目肌がよくつみ、少しく杢を交え、総じてわずかに肌目がたち、地沸が微塵に厚くつき、地景よく入る。刃文は、直刃調にわずかにのたれごころを帯び、小互の目を交え、足・葉がよく入り、匂深く、小沸がよくつき、金筋・砂流しかかり、物打ち辺には喰違刃、二重刃風を交える。帽子は、浅くのたれ込み、先掃きかけている。総じて、一見すると古刀に見たくなるような慶長新刀特有の古色が感ぜられる出来映えを示しており、生ぶであれば重要刀剣でも上位に位置するであろう力を持った一振りである。銘振りより慶長17年頃と推察され、初代忠吉の作柄のなかでも最も魅力あふれる頃といえる。

 附帯する黒呂色塗鞘打刀拵は、菊岡光利の三所物をつかった贅沢なもので、作品の格調をより品格高いものとしている。

備考

新刀 最上作。

最上大業物。

 

古研ぎの為、ハバキ元、部分的に刃先に小錆があります。

肥前初代忠吉1
肥前初代忠吉2
肥前初代忠吉3
肥前初代忠吉4
肥前初代忠吉5
肥前初代忠吉6
肥前初代忠吉7
肥前初代忠吉8
肥前初代忠吉9
肥前初代忠吉10
肥前初代忠吉11
肥前初代忠吉12
肥前初代忠吉13
肥前初代忠吉14
肥前初代忠吉15
肥前初代忠吉16
肥前初代忠吉17
肥前初代忠吉18
肥前初代忠吉19
肥前初代忠吉20
肥前初代忠吉21
肥前初代忠吉22
肥前初代忠吉23

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る