大刀剣市 カタログ掲載品
相州広正

第18回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.18

No.F00170

出羽庄内酒井家伝来

(附) 黒呂色塗鞘天正拵

白鞘 佐藤寒山先生鞘書 金着一重ハバキ

寒山押形・鑑刀日々抄所載

      参 考 品

刃長 : 61.8cm  (2尺0寸3分強) 反り : 1.8cm  (4分半)

元幅 : 2.85cm 先幅 : 1.9cm 元重 : 0.55cm 先重 : 0.4cm

登録証

東京都教育委員会

昭和43年06月20日

: 相模国 (神奈川県-中部・西部)

時代 : 室町時代中期 宝徳二年 1450年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和44年04月24日

相州住広正

宝徳二年八月日

形状

刃文

 

帽子

彫物

 

鎬造、三ッ棟、身幅尋常に、先反りつき、中鋒となる。

板目つみ、杢交じり、地沸厚くつき、地景太く入る。

互の目乱れ、小互の目・小丁子風の刃など交じり、足よく入り、棟焼・飛焼を盛んに交え、華やかな皆焼刃を形成し、小沸よく、金筋入り、砂流しかかる。

表一枚風に長く返り、裏乱れ込み長く返り、さかんに掃きかける。

表は、梵字に腰樋中に三鈷付剣を浮彫、裏は、梵字を二つ重ね、腰樋中に独鈷を同じく浮彫する

生ぶ、先栗尻、鑢目切、目釘孔二。

 

 

目貫

黒呂色塗鞘天正拵 総長 : 94.5cm

沢瀉に桐・雁図、竪丸形、鉄地、地透、毛彫、金象嵌、耳小肉、両櫃孔仕立、無銘(京正阿弥) 高さ:8.1cm 幅:7.8cm 厚さ:0.5cm

黒鮫着、御納戸色皮巻。長さ:21.6cm

赤銅魚子地、無銘 高さ:4.4cm 幅:2.2cm

瓢箪に梅図、赤銅魚子地、高彫、金ウットリ色絵、無銘(後藤)

長さ:23.2cm 幅:1.4cm

鯰図、赤銅容彫、金色絵

説明

 相州広正は、広光の一族といわれ、南北朝時代より室町時代中期にかけて同名が数代いると考えられ、文安・宝徳・長禄・文明頃の刀工が主に活躍した広正である。

 本作は、地刃に時代の様相と相州物の伝統的な作風を見せ、彫物もまた特色あるもので見事である。蓋し同作のみならず、この時代の相州物の典型作であり、代表作の一口で宝徳二年の年紀も資料的に貴重といえる。藩政時代は、出羽国庄内藩酒井家に伝来した一振で、いかにも大名道具らしい風格を兼ね備えている。附帯する黒呂色塗鞘天正拵は高山一之氏の手によるもので、雅味のある格調高い一品となっている。

備考

末古刀 上々作。

 

佐藤寒山先生鞘書

「相州住広正 宝徳二年八月日 刃長二尺三分有之 昭和戊申年 冬師走 寒山誌(花押)」

 

鑑刀日々抄所載

「太刀 銘 相州住広正 宝徳二年八月日 宝徳広正 一口

刃長二尺三寸0五厘、反り五分、元幅九分六厘、先幅六分六厘、鋒長九分八厘、元重ね一分八厘、先重一分四厘、茎長五寸一分半、茎反り僅か

鎬造、三ツ棟、鎬高く棟を卸し、中鋒、先反りとなる。鍛えは小板目肌よくつみ、地沸つく。刃文は小乱・互の目交じり、匂口締まりごころに小沸つき、金筋処々にかかり、上半皆焼となり、帽子は表乱れ込み、裏小丸、僅かに掻くかけて乱れて長く焼下げ、棟焼かかる。表に梵字下に櫃の中に三鈷附剣の浮彫、裏に梵字二つ、下に櫃の中に独鈷の浮彫があり、茎は生ぶ、僅かに反りついて先栗尻、鑢目切、目釘孔二、目釘孔の下、棟寄りに長銘、裏に同じく年紀がある。

広正で年紀があって長いものは極めて稀である。しかもこの時代の相州物の典型とも云うべき作風を見せ、加えるに彫物の見事であるばかりでなく、頗る健全であることも好ましい。」

相州広正1
相州広正2
相州広正3
相州広正4
相州広正5
相州広正6
相州広正7
相州広正8
相州広正9
相州広正10
相州広正11
相州広正12
相州広正13

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る