大刀剣市 カタログ掲載品
後藤通乗光寿

第50回重要刀装具 NBTHK Jyuyo Paper No.50

No. F00020

桐箱

     参 考 品

小柄  長さ : 9.6cm    : 1.5cm

笄     長さ : 21.1cm  肩幅 : 1.25cm

画題

秋草に三日月図

: 武蔵国 (東京都・埼玉県・神奈川-東部)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

重要刀装具指定書

平成16年10月15日

小柄 : 後藤光寿(花押)

笄 : 後藤光寿(花押)

目貫 : (無銘)光寿

小柄

目貫

赤銅魚子地、高彫、金銀色絵、裏哺金。

赤銅魚子地、高彫、金銀色絵、裏哺金。

赤銅地、容彫、金銀色絵。

説明

後藤通常光寿は、後藤太郎右衛門家の仙乗光晴の三男で、宗家七代顕乗の孫にあたる。宗家十代の廉乗の嫡男である光嘉が若くして病没したので、廉乗の娘と娶らされて養子となり、元禄十年、廉乗の隠居にともない宗家十一代目を相続した。

後藤宗家は廉乗の時、京都から江戸に移って定住するが、通乗光寿の時代は、元禄という世風に応じて台頭してきた町彫の影響を受け、家彫の伝統の上に新風を加味して時代の要求に応えている。

 

この三所物の小柄・笄は、秋草に金・銀色絵を施し、月は銀色絵であり、秋の夜長の静寂感を見事に出している。表目貫は金色絵、裏目貫には銀色絵を施し、色絵使いを上手に分けて巧みに容彫にしている。打ち出しは厚めで値と四ツ金が丁寧に入った目貫である。

この構図には通乗独自のものが見られ、左・右に広がる図取は通乗によって初めて試みられたもので、伝統の家彫に町彫風を加味した爽やかな作品である。

後藤家の格調の高さをよく示している。

後藤通乗光寿1

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る