大刀剣市 カタログ掲載品
粟田口一竿子忠綱

第22回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.22

No. F00019

(附)  叢梨子地脇指拵

白鞘  田野辺探山先生鞘書  金着二重ハバキ

古鞘  佐藤寒山先生鞘書

新刀大鑑  所載

     参 考 品

刃長 : 59.0cm  (1尺9寸4分強) 反り : 1.8cm  (6分)

元幅 : 3.0cm 先幅 :2.1cm 元重 : 0.7cm 先重 :0.55cm

登録証

神奈川県教育委員会

昭和41年03月15日

: 摂津国 (大阪府-北西部・兵庫県-南東部)

時代 : 江戸時代中期 宝永5年 1708年

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和49年06月01日

粟田口一竿子忠綱 彫同

宝永五年二月日

形状

刃文

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅広めに、反り深く、中鋒。

小板目肌、細かによくつみ、地沸つく。

大のたれに互の目交じり、足入り、匂い深く沸よくつき、砂流しかかる。

直ぐに小丸。

表は玉追昇竜。裏に三鈷附剣。

生ぶ、先刃上り栗尻、鑢目筋違、目釘孔二、指表やや棟寄りに太鏨大降りの長銘と彫同、

裏に同じく年紀がある。

説明

一竿子忠綱は初代:近江守忠綱の子で、父と同じく近江守を受領し、一竿子と号した。現存する

作刀は寛文十二年紀のものより、正徳六年紀のものに及んでいる。津田助広風の濤欄刃を得

意とし、技倆は父を凌いでいる。しかし彼の名を高からしめているのは、力強い刀身彫刻であ

って、世に「一竿子彫」と称賛されている。

 

この脇指は宝永五年紀があり、同作中の優品である。茎に「彫同」とだけあって「作」を省いてい

るのはめずらしい。

尚この脇指には叢梨子地脇指拵が附属している。

備考

新刀 上々作。

粟田口一竿子忠綱
粟田口一竿子忠綱
粟田口一竿子忠綱
粟田口一竿子忠綱

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る