大刀剣市 カタログ掲載品
堀川国広

第22回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.22

No. F00016

白鞘  金無垢二重ハバキ

国広大鑑・藤代名刀図鑑  所載

     参 考 品

刃長 : 70.2cm  (2尺3寸1分) 反り : 1.4cm  (4分)

元幅 : 3.2cm 先幅 : 2.5cm 元重 : 0.6cm 先重 : 0.5cm

登録証

静岡県教育委員会

昭和41年03月15日

: 山城国 (京都府-南部)

時代 : 江戸時代初期 慶長15年頃 1610年頃

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和49年06月01日

国広

形状

刃文

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅広めに、反り浅く、中鋒延びる。

板目、肌立ちごころに、地沸つき、地景入り、ザングリとする。

小のたれ調に互の目交じり、小足入り、沸よくつき、砂流しかかる。

乱れこんで、小丸。

表に護摩箸。裏に腰樋と細樋。

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔二、中一埋、指表目釘孔の下やや棟寄りに、大降りの二字銘がある。

説明

堀川国広の慶長十五年頃の作で、姿はいわゆる南北長期の太刀を大磨上げにしたものをみる

ように、元幅と先幅の差がさまで大きくなく、身幅広めに反りは浅く、鋒が延びている。

彼の作刀の理想としたところは相州伝の復活にあり、特に志津に対してその傾向が強い。

この刀は同工の力量をよく示した一口である。

備考

新刀 最上作。

大業物。

堀川国広
堀川国広
堀川国広
堀川国広

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る