商品詳細

短刀 備後国三原住正興作(業物)

Tanto [Mihara Masaoki]
保存刀剣
NBTHK Hozon Paper
No. F00161
白鞘 銀着一重鎺 300,000

刃長 : 27.0cm  (8寸9分) 反り : 内反り

元幅 : 2.4cm 元重 : 0.7cm

登録証:

東京都教育委員会
昭和38年05月16日
国: 備後国 (広島県-東部)
時代: 室町時代後期 天文頃 1532-1554年頃

鑑定書:

(公)日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
平成20年03月19日
銘: 備後国三原住正興作
形状 : 鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常に、反りつき、中鋒となる。
鍛 : 板目つみ、処々柾がかり、肌立ちごころに、地沸つき、地景入る。
刃文 : 小のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。
帽子 : 直ぐに小丸に返り、先掃きかける。
彫物 : 表裏に棒樋を掻き流す。
茎 : 生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。

説明:

 室町末期に、備州三原住貝何某と切る刀工が数多く存在し、世にこれを貝三原と称するが、この一派の住地が貝ヶ原であったことに由来するとの説がある。正近、正賀、正久、正盛などがあげられるが、最も有名な刀工が正興である。銘鑑では「正興」「正奥」の両人が三原鍛冶としてその名がある。銘字の「興」が「奥」に似ている為であり、これはくずしによるものであり「興」が正しい。同様の現象が長曾弥興里・興正父子にもみられる。作風は、皆よく似ており、どこか大和気質の作風を残している。本作は、重ねが十分に厚く、作風も貝三原の典型作にて、楽しめる好短刀である。

備考:

末古刀 中作

業物

古研ぎの為、部分的にわずかに小錆がみられます。

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3