商品詳細

鐔  間

Tsuba [Hazama]
保存刀装具
NBTHK Hozon Paper
No. B00238
桐箱 230,000

竪長さ : 6.8cm 横長さ : 6.8cm 耳の厚さ : 0.3cm 

画題:

撫子秋草図
国: 伊勢国 (三重県-北部・中部)
時代: 江戸時代

鑑定書:

(公)日本美術刀剣保存協会
保存刀装具鑑定書
平成21年4月30日
銘:
形状 : 丸形、鉄磨地、砂張象嵌、金覆輪耳、片筆孔(銀当金)

説明:

間派は、元禄頃に伊勢の亀山に住した鐔工のグループで、所在地をとって亀山鐔の名で呼ばれている。作風は個性的で形に工夫をこらし、地は鉄・銅・山銅などを用いて、その上に大模様の意匠をあらわし、更には、砂張象嵌を加飾するなど一種独特の鐔を制作している。

備考:

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3
詳細写真4
詳細写真5
詳細写真6
詳細写真7