商品詳細

大太刀 安達義昭作

昭和庚申二月日

O-tachi [Adachi Yoshiaki , copy O-Kanehira]
No. A00578
白鞘 金鍍金太刀鎺 1,300,000

刃長 : 89.4cm(2尺9寸4分半) 反り : 3.6cm(1寸1分強) 

元幅 : 3.7cm 先幅 : 2.4cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.5cm 

刀身重量 : 992g

登録証:

静岡県教育委員会
昭和55年6月18日
令和2年7月31日再交付
国: 静岡県
時代: 現代 昭和55年 1980年

鑑定書:

銘: 安達義昭作
昭和庚申二月日
形状 : 鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚め、元先の幅さややあり、腰反り高くつき、中鋒つまりごころの猪首風となる。
鍛 : 小板目つみ、地沸厚くつき、地景入る。
刃文 : 丁字乱れ、足よく入り、焼き高く、華やかに乱れ、匂深く、匂本位にわずかに小沸つき、砂流し細かにかかり、明るく冴える。
帽子 : 直ぐ調に小さく乱れて小丸がやや尖りごころに返り、先掃きかける。
彫物 : 表裏に棒樋を掻き流す。
茎 : 生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目勝手下がりに化粧つく、目釘孔二。

説明:

 安達義昭刀匠は、昭和21年に生まれ、若い頃に佐藤寒山先生に刀剣について指導を受ける。後に、石川県の人間国宝である隅谷正峯氏のもとで作刀技術を学ぶ。静岡県裾野市の黄瀬川の畔に鍛刀所を開設し作刀に励んだ。作風は、備前伝を得意とし、青江の逆丁子写しもある。「新作名刀展」の名誉会長賞など多数の受賞があるが、残念ながら若くして没している。刀匠でありながら、刀剣の鑑識眼もあり、且つ、大の酒豪であった。作品は極めて少なく自分で満足のいくものしか世に出さない性格からであろう。

 この大太刀は、安達刀匠の晩年作で、古備前包平の名物「大包平」のオリジナルを写した優品である。

本歌「大包平」は、長さ: 2尺9寸4分5厘(89.23cm)、反り:1寸1分5厘(3.48cm)、重量:1350gと長大なもので、

写しの本作は、長さ:2尺9寸4分半(89.4cm)、反り:1寸1分強(3.6cm)、重量:992gとほぼ忠実に再現している。

安達刀匠の師匠である隅谷正峯師にも「大包平」写しの作品が数振り残されている。隅谷師は写しを再現するにあたり本歌「大包平」を綿密に採寸し、原寸大の木型を製作したという。本作もおそらくは安達刀匠が師の木型を参考にしたことにより忠実な写しを再現することが可能になったものと推察される。

備考:

刀身の全体にスレがあります。部分的にごく小さな薄錆がみられます。

白鞘に重量があるため白布を巻いてあります。前所有者の落款があります。

刀袋に前所有者の名前が刺繍されています。

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3
詳細写真4
詳細写真5
詳細写真6