商品詳細

脇指 清光(加州)

Wakizashi [Kashu Kiyomitsu]
保存刀剣
NBTHK Hozon Paper
No. A00561
白鞘 金鍍金一重鎺 185,000

刃長 : 50.8cm(1尺6寸8分) 反り : 1.1cm(4分半) 

元幅 : 2.9cm 先幅 : 2.1cm 元重 : 0.7cm 先重 : .045cm 

登録証:

富山県教育委員会
昭和51年1月19日
国: 加賀国 (石川県-南部)
時代: 江戸時代中期 寛文頃 1661-1672年頃

鑑定書:

(公)日本美術刀剣保存協会
保存刀剣鑑定書
平成31年2月25日
銘: 清光(加州)
形状 : 鎬造、庵棟、身幅やや細く、重ね厚め、反り少なく、中鋒となる。
鍛 : 板目、杢交じり、刃寄り総じて柾がかり、肌立ちごころに、地沸つき、地景入る、鉄色黒みがかる。
刃文 : 細直刃、匂い勝ちに小沸つき、匂口沈みごころとなる。
帽子 : 直ぐに小丸に返り、先掃きかける。
彫物 : (なし)
茎 : 生ぶ、先片削ぎ、鑢目勝手下がり、目釘孔一。

説明:

加州刀は新刀期に入って、加賀百万石:前田家の庇護のもと、藤島・陀羅尼一派に属する在来刀工に、美濃・越前などから優れた鍛冶を招いて、奨励・優遇策をとったため、俄然活況を呈するようになった。

加州清光は室町初期頃から古く加賀国に居て銘鑑にその名を見る。藤島派の流れをくむ刀工で、その名跡は新刀・新々刀期を経て更に現代へと続いている。

本作の清光は、地鉄、作柄、茎の状態などから室町後期の末古刀と鑑せられ、一門おおいに反映して代々同銘であったばかりでなく、同時代に同銘数人あったこともあり、正確な判別はむずかしい。

状態については、やや研ぎ減りの感がみられ、身幅も細くなり、地鉄も肌だっており、数カ所に小傷もみられる点は否めない。古研ぎのため薄錆や鞘当たり・ヒケなども見られるものの、加州清光の紛れもない正真作であるので、ビギナーの方や初めて刀剣を所有される方にはリーズナブルなお奨めの一振りとなっている。

備考:

指表の上部、指裏の下部の鎬地に小傷や鍛え割れがあります。

指表の上部の刃先に薄錆がみられます。

指表の上部や、指裏の下部の鎬地などにヒケや鞘当たりがみられます。

白鞘に染みがみられます。

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3