商品詳細

脇指 粟田口近江守忠綱 (二代)
  (新々刀上々作)(良業物)

Wakizashi [Awadakuchi Ominokami Tadatsuna]
特別保存刀剣
NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
No. A00538
白鞘 銀着一重鎺 680,000

刃長 : 54.2cm(1尺7寸9分弱) 反り : 1.3cm(5分) 

元幅 : 3.2cm 先幅 : 2.3cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.55cm 

 

登録証:

静岡県教育委員会
昭和26年5月21日
国: 摂津国 (大阪府-北西部・兵庫県-南東部)
時代: 江戸時代中期 元禄頃 1688-1703年

鑑定書:

(公)日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣鑑定書
平成13年2月7日
銘: 粟田口近江守忠綱
形状 : 鎬造、庵棟、身幅やや広め、重ね厚く、元先の幅差つき、先反りつき、中鋒となる。
鍛 : 小板目よくつみ、処々肌立ちごころに、地沸微塵に厚くつき、地景入る。
刃文 : 小のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。
帽子 : 元を直ぐに短め焼出し、その上は丁子を主調に互の目・小互の目交じり、焼き高く華やかにして、総体に足長く入り、匂深く、小沸厚くつき、金筋入り、砂流し長くかかり、明るく冴える。
彫物 : (なし)
茎 : 生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目筋違に化粧つく、目釘孔一。

説明:

粟田口近江守忠綱は初代:近江守忠綱の子で、後に二代目を継ぎ、「一竿子」と号した。忠綱の作風は、初代同様に焼頭のよく揃った足の長い丁子乱れ、互の目乱れや濤欄刃風の乱れ、さらには直刃・浅いのたれ刃なども焼いている。また彫物を得意としており、刀身にその物を損ねることなく、よく調和している。

本作は、1尺7寸9分の大脇指にて、形状は、身幅やや広め、重ね厚く、元先の幅差つき、先反りつき、中鋒に結び手持ちはズシリと重く健全であることが窺い知れる。地鉄は、大阪新刀特有の小板目肌のよくつんだ肌合いに、地沸を微塵に厚く敷き誠に美事である。刃文は、初・二代:忠綱の得意とした「足長丁子」が鎬に近いほどに焼きが高く、華やか乱れ、沸が細かにつき、刃中に金筋・砂流しがよく働き、匂口が明るく冴えた優れた出来映えを示している。

余談ながら、大阪新刀の越前守助広・井上真改・一竿子忠綱などには、本作の様な2尺に満たない大脇指に出来の優れたものも多く、おそらくは豪商による特別注文のものといわれている。

備考:

新刀 上々作

良業物

 

古研ぎの為、全体や棟にわずかに薄錆やヒケがみられます。

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3