京献上

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00265

桐箱

\ 300,000 (税込)

竪長さ : 7.55cm   横長さ : 7.0cm  耳の厚さ : 0.5cm

画題

車透文様尽象嵌図

: 山城国 (京都府-南部)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成20年06月27日

(金象嵌銘)山城国洛東住 (京献上)

 

木瓜形、鉄地、鋤下彫、地透、金布目象嵌、角耳小肉、両櫃孔(赤銅埋)

説明

京献上鐔は、清某と名乗る一群の金工で布目象嵌を得意とする。藤原姓を冠称し江戸時代後期に山城国東山に住す。平安城象嵌や、京正阿弥の末流で、鉄地の鐔に金銀の華麗な布目象嵌を行う象嵌工の一派で巧みである。

備考

 

京献上
京献上
京献上
京献上
京献上
京献上

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る