越前守助広

第26回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.26

No.F00195

助広大鑑 所載

白鞘  金無垢二重ハバキ

     参 考 品

刃長 : 71.0cm  (2尺3寸4分) 反り : 1.0cm  (4分半)

元幅 : 3.1cm 先幅 : 2.05cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.55cm

登録証

東京都教育委員会

昭和39年04月09日

: 摂津国 (大阪府-北西部・兵庫県-南東部)

時代 : 江戸時代中期 寛文8年 1668年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和54年03月02日

津田越前守助広

寛文八年二月日

形状

 

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟(棟のおろしが急)、身幅やや広め、重ね尋常に、元先の開きややあり、反りやや浅く、中鋒やや延びごころとなる。

小板目肌細かによくつみ、地沸微塵に厚く敷き、地景入り、かねよく冴える。

元に直ぐの焼出しをみせ、その上は浅く大きくのたれ、匂深く、小沸細かによくつき、砂流しかかり、金筋入り、匂口明るく冴える。

直ぐに小丸、先掃きかける。

生ぶ、先入山、鑢目筋違に香包みの化粧つく、目釘孔一。

説明

 津田越前守助広は、寛永14年、摂津国打出村(現:芦屋市)に生まれ、通称を甚之丞といい、初代:そぼろ助広の門に学び、明暦元年、師の歿後二代目を継いだ。明暦3年、越前守を受領し、寛文7年には大坂城代:青山因幡守宗俊に召し抱えられ、天和2年、46歳で歿している。作風は初期には石堂風の丁子乱れを、ついで互の目乱れを焼き、さらに濤欄乱れという独特の刃文を創始し、世に絶賛を博した。同地大坂の井上真改と共に大阪新刀を代表する双璧であり、新刀期の名工としも東の横綱:長曽弥虎徹興里と西の横綱:津田越前守助広として長く並び称されている。

 この刀は、浅く大きく5つにのたれた刃を焼き、匂深く、小沸がよくつき、金筋・砂流しがかかり、匂口が冴えるなど一見真改の作風を思わせるものであるが、真改に比しては沸の粒が細微であり、刃縁には例の奉書紙を裂いたような働きが顕著である。助広がのたれ、或いは、直刃を焼いた場合、広狭はあるものの多くは大きく5つにのたれ、そして、横手辺から焼幅を広めて、帽子もやや直線的になる。一説には、末備前鍛冶である祐定らの影響を受けたものといわれ、実際に、彼らののたれも大きく5つほどにのたれており、同時に室町時代後期の刀剣類は実用面から横手下より刃幅を増しているものを多く経眼する。もう一つの見処は地鉄であり、小板目肌が極めてよくつみ、地沸を微塵に厚く敷き、みずみずしく潤いのある冴えたものとなり、地鉄が精良なることは、井上真改、近江守助直、一竿子忠綱など他の大坂新刀諸工の追随を許すものではない。助広の特色がよく示された一口で、同作中の優品である。

備考

新刀 最上作。

大業物。

越前守助広1
越前守助広2
越前守助広3
越前守助広4
越前守助広5

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る