和泉守兼定

第35回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.35

No.F00182

白鞘  金着二重ハバキ

     参 考 品

刃長 : 73.5cm  (2尺4寸2分強) 反り : 1.7cm  (5分半)

元幅 : 2.9cm 先幅 : 1.9cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.4cm

登録証

東京都教育委員会

昭和□年□月□日

: 美濃国 (岐阜県-南部)

時代 : 室町時代後期 永正12年 1515年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

平成01年04月14日

和泉守藤原兼定作

永正十二年二月日

形状

 

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常に、浅く先反りつき、中鋒となる。

板目よく錬れてつみ、わずかに小杢を交え、処々柾がかり、地沸つき、地景入り、淡く白け映りたつ。。

互の目・互の目丁子・尖り刃など目交じり、足入り、匂勝ちに小沸つき、金筋入り、砂流しかかり、匂口明るく冴える。

のたれ込み小丸たおれて地蔵風に返り、先掃きかける。

殆ど生ぶ(僅かに区送る)、先栗尻、鑢目鷹の羽、目釘孔二。

説明

 和泉守兼定(之定)は孫六兼元と並んで室町時代後期の美濃鍛冶を代表する刀工で、「定」の字のウ冠の中を「之」と切ることから「ノサダ」と称され、一般に三代といわれる「疋定(ヒキサダ)」と区別されている。しかし、「古刀銘集録」に「同二代目和泉守藤原ト打 明応年号切 定ノ字体真ニシテ多関住作打 永正ノ初ヨリ如此之ノ字切 故ニ之定ト唱」とあり、初めは定の字を楷書で切った事がわかる。そして、「ノサダ」銘に転化したのは永正の初めというが、現存する作刀からすれば、明応8年11月以降で同9年8月以前とするのが正しい。兼定(之定)は古刀期にあって珍しく受領「和泉守」を許された刀工で、多くの刀剣書は「すぐれたる上手」と述べている。兼元の「三本杉」と称せられる尖り刃主調の乱れ刃に対して、兼定(のさだ)は丸い互の目・のたれ・互の目丁子などを交えた刃文を焼いて変化があり、鍛えがよく錬れて優れるのも特色である。

 本作は、所謂「和泉守」受領後の「之定」銘であり、永正12年の製作年紀が記されれている。地鉄がよく錬れて、少しく小杢を交え、柾がかり、淡く映りがたち、よく冴えて潤いが感ぜられる。刃文は、互の目に、兼定(のさだ)特有の三つほど連なる互の目丁子を交え、匂勝ちの小沸がつき、金筋・砂流しかかり、匂口が明るく冴えている。帽子はのたれ込み小丸がややたおれて地蔵風となる。兼定の作風を顕著にあらわした優品で、地刃ともによく冴えわたっている。

備考

末古刀 最上作。

大業物。

和泉守兼定1
和泉守兼定2
和泉守兼定3
和泉守兼定4

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る