西垣

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00078

桐箱

\ 250,000 (税込)

竪長さ : 7.7cm   横長さ : 7.5cm  耳の厚さ : 0.55cm

画題

左右扇面透図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成19年12月25日

(無銘) 西垣

 

撫角形、鉄地、陰鑚透、銀真鍮縄目象嵌、丸耳

説明

やや大振りにて、重ね厚く、重量感のある一枚である。左右に扇面の陰透しがある。扇の三面の彫口は垂直になっているが弧の部分は斜め目に彫られ、加えて鑽の痕を残し、立体感と同時に力強さを表現している。耳には、表は銀、裏には真鍮の縄目象嵌があり、表裏ともに扇面の周りには真鍮象嵌がある。耳は丸耳ながらやや尖りごころとなる。良質な鉄味に加え、重量感のある力強い一枚である。

西垣1
西垣2
西垣3
西垣4
西垣5
西垣6
西垣7

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る