古金工

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No. F00041

桐箱

\ 430,000 (税込)

竪長さ : 7.9cm   横長さ : 7.6cm  耳の厚さ : 0.4cm

画題

貝尽図

: 山城国 (京都-南部)

時代 : 室町時代後期

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成19年12月25日

(無銘) 古金工

 

葵形、赤銅魚子地、高彫、金銀袋着色絵、四方猪目透、金色絵耳、両櫃孔(片埋)。

説明

古金工とは、古い時代からの流れで、桃山期まで続いている。

この鐔は、やや大振り、四方を猪目に透かし、耳を金覆輪し豪華に仕上げている。耳に金覆輪が所々、削り落とし、古色を醸し出している。

魚子地も不揃いに、且つ、やや波打っており、これも時代を感じさせる。表裏、全体に様々な貝類を高彫に仕上げ、金・銀をウットリ色絵し、豪華である。室町時代後期の作。

古金工1
古金工2
古金工3
古金工4
古金工5
古金工6
古金工7

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る