西垣

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No. F00034

桐箱

\ 165,000 (税込)

竪長さ : 7.5cm   横長さ : 7.35cm  耳の厚さ : 0.5cm

画題

枝菊図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成19年06月21日

(無銘) 西垣

 

竪丸形、鉄磨地、地透、毛彫、丸耳、両櫃孔

説明

一輪の枝菊と左向きに大胆に透かした西垣一派の代表的な構図の一枚である。黒い地鉄、焼き手の後の細かな毛彫もいかにも西垣一派らしい作風である。しかし、初代・二代・勘四郎の作であれば、形が竪丸形ではなく、菊形となり、一輪の菊ももっとリアルで、且つ線の太さに変化をもたせている。

ともあれ、広い意味で西垣と極められた一枚である。

西垣1
西垣2
西垣3
西垣4
西垣5
西垣6
西垣7

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る