相州広正

特別保存刀剣 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No.A00438

(附) 革包刻鞘短刀拵

白鞘  金着二重ハバキ

\ 550,000 (税込)

刃長 : 22.3cm  (7寸3分半) 反り : わずか

元幅 : 2.1cm 元重 : 0.55cm

登録証

千葉県教育委員会

昭和52年09月09日

: 相模国 (神奈川県-中部・西部)

時代 : 室町時代後期 明応頃 1492-1500年頃

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

特別保存刀剣鑑定書

平成27年05月29日

相州住広正作(時代室町後期)

形状

刃文

 

帽子

彫物

平造、三ツ棟、身幅尋常に、重ね厚く、中筋細く、ごくわずかに反りつく。

板目、処々柾がかり、肌立ちごころに、地沸つき、地景入る。

互の目乱れ、足入り、匂い勝ちに処々沸ムラにだち、金筋・砂流しかかり、飛焼を交え、棟方を焼いて皆焼がかる。

直ぐに大丸に返り、棟方の焼刃に繋がり、先掃きかける。

表:櫃内に倶利伽羅を浮彫し、裏に腰樋を掻き流す。

生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔二。

革包刻鞘短刀拵 総長 : 36.6cm

説明

 相州広正は、広光の一族といわれ、南北朝時代より室町時代前〜後期にかけて同名が数代いると考えられ、文安・宝徳・長禄・文明頃の刀工が主に活躍した広正である。銘鑑では五代とし、寛正広正の子、作品は父に似て脇差、寸詰り短刀多く、彫物は緻密な剣巻龍がある、刃文は互の目乱れ、皆焼を焼き匂出来が多い。彫物は小振りで緻密となる。

 本作は、小振りな7寸3分半(22.3cm)と小振りな短刀姿に、刃文は互の目乱れを焼き、皆焼がかるといった末相州物に見受けられる作風を示す。表は、櫃内に倶利伽羅を細緻に浮彫にて見事に施している。革包刻鞘短刀拵が付帯する。

備考

末古刀 上々作。

 

刀身にわずかに細かい小傷と薄錆がみられます。

相州広正1
相州広正2
相州広正3
相州広正4
相州広正5