備前長船基光

第7回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.7

No.A00426

白鞘  金着二重ハバキ

     売 約 済

刃長 : 71.5cm  (2尺3寸6分弱) 反り : 2.0cm  (6分強)

元幅 : 2.95cm 先幅 : 2.2cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.45cm

登録証

東京都教育委員会

平成26年12月09日

: 備前国 (岡山県-南東部)

時代 : 南北朝時代 延文頃 1356-1360年頃

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和36年09月10日

無銘 伝(基光)

形状

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟、大磨上反浅く、中鋒延びる。

板目、処々に大肌交じり、総体に地沸つき冴え、乱れ映り立つ。

互の目を主調として小乱、丁子交じり、匂い深く小沸つき、足よく入り砂流しかかり、物打ち上、表裏とも二重刃風の飛焼つらなる。

乱れ込み、先尖りごころに佩きかかる。

大磨上、先栗尻、僅かに反つき、鑢目勝手下り、目釘孔三。

説明

基光は南北朝期の備前長船派の刀工で、兼光の子、或は門下と伝え、左兵衛尉に任じられている。現存する年紀作は、康永から永和に及んでおり、基光の活躍期は明瞭である。作風は兼光風を踏襲しているが、互の目を主調として、様々な形の刃が交じるもの・互の目が整然と連れるものなどが多く見られ、作位の点からすれば、少しく兼光に譲るところがある。

大磨上無銘の刀で、地刃の出来優れ、兼光一門の作風を示して健全である。身幅広く、中鋒延び、反りの浅い刀姿は南北朝期の見どころであり、互の目を主調として小沸がつき砂流しかかり、帽子が乱れ込んで先が尖りごころとなる点も大切な見どころで、兼光から始まるところである。物打上が二重に飛び焼の連なっている点は、在銘兼光には殆ど見ないところである。

昭和を代表する蒐集家:渡辺国雄氏の旧蔵品となっている。

備考

古刀上作

業物

 

指表:上部の鎬地から棟にかけて、二ヶ所に切り込みによる痕跡があります。

指裏:鎬地の上部や中程にわずかに鍛え割れがあります。

 

備前長船基光1
備前長船基光2
備前長船基光3
備前長船基光6
備前長船基光5

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る