榎本貞義

高級居合刀向

No.A00422

(附) 黒呂色塗鞘天正拵

白鞘  金着二重ハバキ

\ 750,000 (税込)

刃長 : 71.3cm  (2尺3寸4分半) 反り : 2.2cm  (7分弱)

元幅 : 3.3cm 先幅 : 2.6cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.3cm

刀身重量(裸身) : 760g  刀身重量(鞘を払って) :1,060,g

登録証

静岡県教育委員会

平成03年10月16日

: 静岡県

時代 : 現代 平成3年 1991年

鑑定書

伊豆国住貞義作

形状

刃文

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚めに、元先の幅差つき、反りつき、、大鋒となる。

大板目、大杢交じり、地沸厚くつき、地景細かによく入る。

小のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。

直ぐ調に大丸ごころに返り、先さかんに掃きかける。

表裏に棒樋を掻き通す。

生ぶ、先剣形、鑢目筋違に化粧つく、目釘孔一。

 

目貫

黒呂色塗鞘天正拵 総長 : 102.0cm

香木図、丸形、鉄槌目地、片櫃孔、鋤残耳、無銘 甲冑師写し(現代製)

高さ:8.5cm 幅:8.5cm 厚さ:0.35cm

黒漆鮫着、藍革巻。長さ:25.0cm

赤銅磨地、無銘(現代製) 高さ:4.4cm 幅:2.7cm

獅子図、赤銅容彫 、金色絵

説明

榎本貞義刀匠は、本名を栄市郎といい、昭和26年に生まれる。月山貞勝の高弟の一人である父:榎本湧水子貞吉氏に鍛刀の技を学び、静岡県三島市で作刀する。初め貞義、後に竜義と銘し、弟に貞人がいる。湧水子貞吉氏は当代きっての名人といわれ、月山門下ということもありその地鉄は強いものとなり、相州上工をねらった沸づき刃中よく働いたものとなる。榎本刀匠の鍛えも一見すると小板目がつんではいるものの、よく錬れた強い鍛えでとなる。

この刀は、姿形は大板目、大杢交じり、地沸厚くつき、地景細かによく入り、刃文は、小のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかるといった出来口をしてしていて、相州上工のなかでも貞宗に私淑したものではなかろうか。

備考

古研ぎの為、わずかに小錆・ヒケ・鞘あたりがあります。

白鞘の鯉口に割れがみられます。

榎本貞義1
榎本貞義2
榎本貞義3
榎本貞義4
榎本貞義5

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る