大野義光

無鑑査 Mukansa

No.A00325

白鞘  金着二重ハバキ

     売 約 済

刃長 : 71.0cm  (2尺3寸4分) 反り : 1.8cm  (6分)

元幅 : 3.0cm 先幅 : 2.1cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.4cm

登録証

東京都教育委員会

平成09年03月11日

: 東京都

時代 : 現代 平成9年 1997年

鑑定書

於備前国義光作之

平成八一(九)年正月吉日

形状

刃文

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅尋常に、元先の幅差少なく、重ね厚め、、反り浅めにつき、中鋒となる。

板目、処々わずかに柾がかり、肌立ちごころに、地沸つき、地景入る。

丁子に、大丁子を交え、重花丁子となり焼高く乱れ、足入り、足入り、匂本位に、わずかに小沸つき、砂流しさかんにかかる。

焼き深く、乱れ込み小丸にわずかに返り、先さかんに掃きかける。

表裏に棒樋を丸留する。

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。

説明

 大野義光刀匠は、昭和23年10月16日に新潟県西蒲原郡に生まれ、本名を吉川三男という。日本大学農獣医学部に入学し、学生時代より日本刀に興味を持ち、昭和44年に、吉原義人・吉原荘二刀匠らの鍛錬所で日本刀の製作の道に入る。昭和55年、文化庁より「美術刀剣類製作承認」を受け、刀匠となり、同年、新作名刀展に初出品する。昭和51年、新潟県黒崎町に鍛錬所を設けて独立する。昭和57年より62年まで、高松宮賞、文化庁長官賞の特賞を6回連続受賞し、昭和62年に無鑑査認定となる。昭和59年、伊勢神宮第61回式年遷宮の御神刀を謹作する。作風は、備前伝を得意とし、「大野丁子」と呼称される華やかな重花丁子乱れを焼く。就中、上杉家に伝来した名物「山鳥毛」(国宝)を写したものは国内外で高い評価を得ている。

 本作は、2尺3寸4分(71.0cm)の常寸に、元先の幅差少なく、反りが浅い打刀の姿形となる。地鉄は、板目肌が処々流れごころに、わずかに肌立ちごころとなる。刃文は、ハバキ元の焼きを低くみせて、その上は、丁子を主調に、大丁子を交えて、大野刀匠得意の重花丁子状となり、鎬筋に迫る程に焼きが高く、華やかに乱れて迫力がある。帽子は、一文字派にまま見受けられる乱れ込んだものとなり、よく掃きかけて、裏は火焔に近いものとなる。大野義光刀匠が得意とした丁子乱れの優品にて、その技倆が遺憾無く発揮されている。

備考

無鑑査。

 

登録証では、「九」を「八の下に一」としています。

 

指裏、ハバキ元に縦にヒケがあります。

大野義光1
大野義光2
大野義光3
大野義光4
大野義光5
大野義光6

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る