島田助光

保存刀剣 NBTHK Hozon Paper

No.A00245

白鞘  金着一重ハバキ

     売 約 済

刃長 : 22.8cm  (7寸5分) 反り : わずか

元幅 : 2.2cm

登録証

東京都教育委員会

昭和44年07月31日

: 駿河国 (静岡県-中部)

時代 : 室町時代後期 天文頃 1532-1555年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀剣鑑定書

平成23年02月25日

助光 (伝島田)

形状

 

刃文

 

帽子

両刃造、身幅やや細く、寸頃合にて、わずかに先反りつき、重ね薄めにて、ふくら枯れ、鋭利な両刃造の短刀姿となる。

板目に、杢目交じり、処々流れ、地沸つき、鎬地柾がかる。。

刃方は、のたれに互の目交じり、棟方は直刃浅くのたれて、表裏の刃が揃いごころとなり、小沸つき、刃縁に打ちのけ・湯走り交じり、刃中にさかんにすながしかかる。

直ぐ調に丸に返り、長く焼き下げて棟方の焼刃に繋ぐ。

生ぶ、先栗尻、鑢目平地は浅い勝手下がり、鎬地は筋違となり、目釘孔二。

説明

 両刃の短刀は、戦国時代に最も多く見られ、わずかに新々刀期に写しものとして見られる作である。古くは文明頃より見られ、この頃の両刃の寸法は5寸前後と極めて短い。時代が下るにつれ寸法も長くなり、天正頃になると9寸前後のものも見られる。この短刀は天文頃と鑑せられる。また、両刃の短刀はとりわけ末備前が最も多く、関物にも見られ、両者の違いは末備前は重ねが厚めである。他にも全国の末古刀の刀工達にもわずかにみられる。

 本作の助光は伝島田と極めれてられ、銘鑑では島田義助門に天文頃の刀工がいる。しかし、私見では、銘鑑にはみられないが、薬王寺一派の助光の可能性がある。この一派には助良・助吉・助次・助長など「助」の字がつく刀工が多く見られ、鑢目が特長的である。ともあれ、この短刀は戦国期の作品であることは間違いなく、存分に楽しめる一口である。

備考

 

古研の為、わずかに小錆・ヒケがみられます。

島田助光1
島田助光2
島田助光3
島田助光4

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る