三河守大道陳直

保存刀剣 NBTHK Hozon Paper

No.A00209

白鞘  木ハバキ

(附) 古鞘 (※鞘のみ)

\ 360,000 (税込)

刃長 : 43.00cm  (1尺4寸2分半) 反り : 3.6cm  (1寸1分)

元幅 : 2.8cm 元重 : 0.7cm

登録証

大阪府教育委員会

昭和29年03月16日

: 美濃国 (岐阜県-南部)

時代 : 室町時代後期 天正頃 1573-1592年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀剣鑑定書

平成22年01月29日

参河守藤原大道陳直作

(朱書) 武運長久 太刀屋拂

形状

 

刃文

 

帽子

彫物

薙刀造、丸棟、身幅・重ね尋常に、反りつき、頭が張る。

板目、杢を交え、刃寄り・棟寄りが柾がかり、肌立ちて、地沸つき、地景入り、白け映りたつ。

浅くのたれごころの直刃を基調に、小互の目交じり、足・葉よく入り、小沸ややムラとなり、細かに砂流しかかる。

直ぐに尖りごころに小丸に短く返る。

裏に薙刀樋を掻き流す。

生ぶ、先栗尻、鑢目上部勝手下がり、下半せんすき、目釘孔二。

説明

 三河守大道陳直は、美濃国岐阜において作刀した鍛冶にて、初代は室町時代後期の天正頃に活躍する。「大道」は陸奥守大道・信濃守大道が著名であるが、三河守大道の他に相模守大道・豊後守大道・但馬大掾大道らがおり、美濃以外に山城・大坂・三河・駿河・伊勢・豊前小倉・日向の各地に移住して、大道を名乗っており、一門の鍛冶が諸国の鍛冶に与えた影響は大きい。「参河守大道陳直 天正廿年正月吉日」の短刀が遺されており、柾目に沸出来の直刃を焼詰めており大和の保昌に見紛うような出来である。

 本作は、表が平造、裏が薙刀造に、刃方が切刃造となった面白い造込みの薙刀である。地鉄は、板目に、総じて柾があらわれ、白け映りがたち、刃文は、直刃出来に小互の目を交え、匂勝ちに小沸がつくなど美濃物の特色をあらわしている。銘も大振りに堂々と切られており、「武運長久 太刀屋拂」の朱書ある。

備考

古鞘 「太刀屋拂 云々」

数ヶ所に小傷・小錆がみられます。

三河守大道陳直
三河守大道陳直
三河守大道陳直
三河守大道陳直
三河守大道陳直

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る