中根平八郎

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00070

桐箱

     売 約 済

竪長さ : 8.2cm   横長さ : 7.9cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

左右大透雷文繋象嵌図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成19年12月25日

(無銘) 中根平八郎

 

竪丸形、鉄地、左右大透、鋤下彫、銀彫込象嵌耳

説明

中根平八郎は、熊本藩細川家の藩士で知行四百石の大身であった。文化元年に生まれ、文久元年に隠居し、明治三年に没している。武士ながら、余暇において鐔を製作し、作風は鉄地に銀象嵌を施した左右大透しのものが多い。直接の師は作風や年代的にも神吉深信であろうといわれている。

大振りで、重ねやや厚めの堂々たる鐔である。平たい鉄地の左右を大きく透し、耳際と耳に銀象嵌で雷紋を表現している。通常、耳際の雷紋の銀象嵌は一重であるが、この鐔は幅のやや広い完璧な雷紋であり、細かく丁寧に仕上げられている。耳は一重の雷銀象嵌である。鉄味もよく深信に近い作風である。

中根平八郎1
中根平八郎2
中根平八郎3
中根平八郎4
中根平八郎5
中根平八郎6
中根平八郎7
中根平八郎8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る