商品詳細

脇指 備州長船祐光 (古刀中上作)(良業物)

文安元年元年八月日

Wakizashi [Bizen Osafune Sukemitsu]
特別保存刀剣
特別保存刀装
NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
No. A00556
(附) 茶塗金蛭巻蒔絵鞘脇指拵
白鞘 金着二重鎺

刃長 : 53.0cm(1尺7寸4分強) 反り : 1.0cm(3分強) 

元幅 : 2.7cm 先幅 : 1.9cm 元重 : 0.6cm 先重 : 0.45cm 

 

登録証:

愛知県教育委員会
昭和26年3月30日
国: 備前国 (岡山県-南東部)
時代: 室町時代中期 文安元年 1444年

鑑定書:

(公)日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣鑑定書
平成11年4月2日
特別保存刀装鑑定書
平成11年12月22日
銘: 備州長船祐光
文安元年元年八月日
形状 : 鎬造、庵棟、身幅尋常、重ねやや厚く、浅く反りつき、中鋒となる。
鍛 : 板目、杢交じり、処々柾がかり、肌立ちごころに、地沸つき、地景入り、淡く映りたつ。
刃文 : 小互の目を連れて焼き、尖り刃・丁字風の刃など少しく交じり、足入り、匂い本位に小沸つき、金筋入り、砂流しかかる。
帽子 : 乱れ込み小丸に返り、先掃きかける。
彫物 : 表裏に棒樋・添樋を丸留する。
茎 : 生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔三中ニ埋。
拵 : 茶塗金蛭巻蒔絵鞘脇指拵 総長 : 72.0cm
鐔 :

不如帰図、竪丸形、赤銅石目地、高彫、金素銅色絵、小透、小柄櫃孔、各耳小肉、銘:正親(金象嵌)(花押)

高さ:6.9cm 幅:6.3cm 厚さ:0.3cm

柄 : 白鮫着、佐賀錦巻。長さ:15.0cm
縁頭 :

素銅石目地、素文、赤銅小縁 蟻腰縁 無銘(花押)

高さ:3.75cm 幅:2.2cm

目貫 : 枝葉丸に竪三ツ引紋、赤銅地、容彫
小柄 :

田舎家図、赤銅石目地、高彫、金素銅色絵 銘:横谷宣貞(花押)

縦:9.9cm 横:1.45cm

総金具 : 素銅石目地、素文、赤銅小縁
折金 : 蛙文、赤銅容彫、金色絵

説明:

六郎左衛門尉祐光は、利光の子で、室町時代中期に同国の則光とともに活躍し「永享備前」の双璧となった名工である。銘鑑に拠れば祐光三代目にあたり、右京亮勝光と左京進宗光の父と伝える。永享備前は、いわゆる盛光や康光といった応永備前鍛冶が活躍した室町時代前期の応永頃の次の時代にあたり、祐光や則光の他にも二代盛光、左京亮康光、経家、家助などの優工を輩出した。

本作は永享備前の優品で、一時代古い応永備前を想わせる小丁字刃などを随所にみせた古刀の魅力を愉しめる作品となっている。

附帯する茶塗金蛭巻蒔絵鞘脇指拵は、朱色に近い明るい茶色塗鞘に三両引の金色をを蛭巻絵し、いかにも豪華な鞘である。総金具は鯉口・栗型・裏瓦・小尻などは鞘にマッチした緋色銅に近い金具と縮緬地に仕上げ各々の金具は細かな赤銅で縁取りしている。

返り角には、やや大きめの蝦蟇が今にも獲物に飛びかかろうとしている様をリアルに表現している。豪華さのなかにもユーモアを醸し出している見事な拵である。明治初年頃に愛刀家の求めにより入念に制作され、保存状態も極めて良い。

鐔は江戸後期の享保頃の奈良正親の作か、表は右半分に霞雲の満月に向かって飛ぶ不如帰を大きく描き、左半分は老樹に絡む蔦を、裏面は三ツの藁ボッチに上部にはたなびく霞雲に満月の一部を描いている。晩秋の夜の景色を極上の赤銅で仕上げた一枚である。

備考:

古刀 中上作

良業物

詳細写真1
詳細写真2
詳細写真3
詳細写真4
詳細写真5
詳細写真6
詳細写真7
詳細写真8
詳細写真9
詳細写真10
詳細写真11
詳細写真12
詳細写真13
詳細写真14
詳細写真15
詳細写真16
詳細写真17