大刀剣市 カタログ掲載品
藤三郎行光

第24回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.24

No.F00215

白鞘  金着二重ハバキ

      参 考 品

刃長 : 66.0cm  (2尺1寸7分強) 反り : 2.0cm  (6分強)

元幅 : 2.8cm 先幅 : 1.7cm 元重 : 0.5cm 先重 : 0.45cm

登録証

東京都教育委員会

昭和51年06月24日

:相模国 (神奈川県-中・西部)

時代 : 鎌倉時代後期 嘉元頃 1303-1306年頃

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

昭和51年10月07日

(無銘) 行光

形状

刃文

 

帽子

彫物

鎬造、庵棟、反り深く、中鋒となる。

板目肌、地沸厚くつき、地景頻りに入る。

直刃調にのたれかかり、互の目、小乱れ交じり、匂い深くよく沸づき、砂流し、金筋かかる。

直ぐにごころに小丸。

表裏に棒樋を掻き通す。

大磨上、先切、鑢目勝手下がり、目釘孔五、無銘。

説明

 相州行光は新藤五国光の門人で同門の則重、正宗と共に相州伝を協調した刀工である。在銘のものは少なくて短刀に限り、これをみるに新藤五国光譲りの直刃のもの、直ぐに湾れの交じるもの等があるが、古来極めものには盛んに乱れたもの、飛焼が入って皆焼風のものもある。この刀は大磨上無銘ながら、地刃の出来がよく行光と鑑せられるものであり、地景、金筋の働きも豊富である。

備考

古刀 最上作。

藤三郎行光1
藤三郎行光2
藤三郎行光3
藤三郎行光4
藤三郎行光5
藤三郎行光6

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る