大刀剣市 カタログ掲載品
山浦真雄

第58回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.58

No.F00213

白鞘  銀無垢二重ハバキ

      参 考 品

刃長 : 75.6cm  (2尺4寸9分半) 反り : 1.6cm  (5分)

元幅 : 3.3cm 先幅 : 2.6cm 元重 : 0.65cm 先重 : 0.5cm

登録証

東京都教育委員会

昭和26年03月30日

: 信濃国 (長野県)

時代 : 江戸時代後期 安政3年 1856年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

平成24年10月10日

山浦真雄

安政三年八月日

形状

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟、身幅広く、元先に幅差少しくつき、反りややつき、大鋒となる。

板目つみごころに杢・大板目交じり、地沸厚くつき、地景頻りに入る。

互の目に小のたれ・交じり、足長くよく入り、匂口深く沸厚くつき、金筋・砂流しさかんにかかり、匂口明るく冴える。

乱れ込み小丸ごころに返り、先さかんに掃きかける。

生ぶ、先極く浅い刃上がり栗尻、鑢目筋違、目釘孔一、佩表目釘孔下棟寄りに大振りの四時銘があり、裏に同じく年紀がある。

説明

 山浦真雄は、本名を山浦昇といい、文化元年、信州赤岩村(現:長野県小県郡滋野村)に生まれた。文政12年に弟、清麿と共に上田藩工:河村寿隆に学び、完利、寿昌などと銘し、のち正雄、真雄となり、さらに晩年には寿長と改銘して明治7年、71歳で没している。彼は、寿昌時代には「天然子」の号を、一番長い真雄時代には「遊射軒」・「遊雲斎」などの号を用いている。作風は清麿と同じく、寿隆風の丁子に始まって相州伝に転じている。

 この刀は、鍛えは板目がつみごころとなり、杢・大板目交じり、地沸が厚くつき、地景が頻りに入り、刃文は互の目に小のたれ交じり、足が長くよく入り、沸厚く、処々荒めにつき、金筋・砂流しさかんにかかり、帽子は乱れ込み、小丸ごころに返り、先さかんに掃きかけるなどの作域を示している。地景を頻りに交えて地沸の厚くついた強い鍛えがよく、刃中よく沸づいて、金筋・砂流しの働きも同工の作としては常以上に豊富であり、身幅広く大鋒の豪壮な造り込みを呈していて、地刃の出来口とあわせて極めて覇気にみちた作である。

備考

新々刀 上々作。

 

最上研磨済み 新規白鞘

平成24年(2012) 第65回刀剣研磨・外装技術発表会(研磨部門) 特賞2席:竹屋賞受賞

研師:井上聡氏

山浦真雄1
山浦真雄2
山浦真雄3
山浦真雄4

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る