大刀剣市 カタログ掲載品
鷲田光中

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00205

桐箱

     参 考 品

竪長さ : 7.4cm   横長さ : 7.1cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

花唐草図

: 羽前国(山形県)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成25年01月09日

羽前庄内住渡辺光中(花押)

 

木瓜形、鉄磨地、銀平象嵌、毛彫、土手耳

説明

 庄内金工鷲田派は、初代:信古堂光時、二代:好古堂時孝、三代:求古堂光時、四代:尚古堂光親と嫡流が続き、四代:光親の弟に浩然居や嚮山と号する光中(文政13-明治22)がいる。鷲田派の各代は主府して江戸金工柳川派に学び、のち帰郷して庄内酒井家の抱え工として腕を振るった。

 光中の作風で特筆すべきは、一見、加賀象嵌を思わす佳麗な平象嵌に卓越した技を示した点にあり、また、真鍮象嵌の鐔は、古作:平安城象嵌を彷彿とさせる趣がある。

 本作は、鉄磨地に銀を平象嵌で施し、毛彫りで細部をあらわし、花唐草を見事に表現している。よく鍛えられた鉄地には艶があり、銀平象嵌は長い年月の経過と共に錆びて、如何にも趣きあるものとなっている。

備考

 

鷲田光中1
鷲田光中2
鷲田光中3
鷲田光中4
鷲田光中5
鷲田光中6
鷲田光中7
鷲田光中8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る