相州貞宗

第55回重要刀剣 NBTHK Jyuyo Paper No.55

No.F00190

白鞘  本間薫山先生鞘書

金着二重ハバキ

     参 考 品

刃長 : 29.1cm  (9寸6分) 反り : 0.2cm  (わずか)

元幅 : 2.65cm 元重 : 0.5cm 

登録証

愛知県教育委員会

昭和51年11月04日

: 相模国 (神奈川県-中部・西部)

時代 : 南北朝時代 建武頃 1334-1337年頃

指定書

(公)日本美術刀剣保存協会

重要刀剣指定書

平成21年10月16日

(朱銘) 貞宗

形状

刃文

 

帽子

彫物

平造、三ツ棟、身幅やや広く、大きく寸延び、重ねが厚く、反り浅くつく。

板目に杢目・流れ肌を交え、総じてつみ、地沸厚くつき、地景入る。

小湾れに、小互の目・小尖り刃等が交じり、刃縁に長く湯走りかかり、小足入り、沸よくつき明るく冴え、金筋・砂流しかかる。

表裏乱れ込んで厚く沸づき、盛んに掃きかけて火炎状となる。

表に素剣、裏に護摩箸。

生ぶ、先剣形、鑢目勝手下がり、目釘孔二、指表第二目釘孔にかけ、以下茎中央に「貞宗」と極めの朱銘がある。

説明

 彦四郎貞宗は正宗の門人で後に養子になったと伝え、作刀時期は鎌倉時代最末期から南北朝前期に及んでいる。彼は師風を最もよく受け継いでいるが、穏やかな作風と大柄な姿形に師との相違が見られる。貞宗は、相州上工の中でも、正宗とともに最も著名な刀工で、そのことは同工の作品が刀、短刀を含め国宝4点、重文12点、重美3点が国の指定・認定されていることでも明らかである。そして、それらの全てが無銘、或いは朱銘・金象嵌銘となる。

 この短刀は地鉄は板目鍛えに地沸が厚くつき、刃文は湾れ調に小互の目交じりを焼くなど、地刃に相州貞宗の特色がよく現れており、茎に施された極めの朱銘通り首肯されるものである。朱銘が遺されているが、裏に「本阿(花押)」とないものは本阿弥光常・光忠に多く見受けられるが、本作はそのいずれかであろうか。刃縁には、相州伝上位特有の光輝く刃沸が厚くつき、或いは凝り、或いは崩れて存分に働き、変化の妙を極めた帽子も大変に見事で、同作中でも沸の強い、迫力ある出来口を示しており、地刃に覇気が漲っている。指裏、ふくら辺の刃中に極くわずかな毛先ほどの鍛えが表れるが、美観を損なうほどではない。

 加えて、保存状態は研磨・ハバキ・白鞘など全てが完璧であり、如何に天下の名品として大切に保存されてきたかを窺い知ることが出来る。ともあれ、滅多にお目にかかれない名工:彦四郎貞宗の逸品をご紹介させていただきたい。

備考

中古刀 最上作。

 

本間薫山先生鞘書

「朱銘 貞宗 刃長九寸六分 壬戌正月 薫山誌(花押)」

 

指裏、ふくら辺に気になるほどではありませんが、わずかに鍛えがあります。

相州貞宗1
相州貞宗2
相州貞宗3
相州貞宗4
相州貞宗5
相州貞宗6

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る