古赤坂

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00171

桐箱

     売 約 済

竪長さ : 7.9cm   横長さ : 7.7cm  耳の厚さ : 0.65cm

画題

花卉図

: 武蔵国 (東京都・埼玉県・神奈川-東部)

時代 : 江戸時代初期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成21年12月22日

(無銘) 古赤坂

 

竪丸形、鉄地、地透、丸耳、両櫃孔

説明

 やや大振りにて、重ねが厚く、独特の丸耳にて重量感がある。両櫃も大小変化をもたせ古赤坂らしい。地鉄は、青味かかっており、槌目地立てにて、力強い。但し、保存状態が今一つであり、もう少し手入れをしてみたい鐔である。画題は、花卉透しとあるが、草花に花をつけ、全体に動きが感じられ、小さな水玉を透かしている。鐔の内側は片削ぎ風にしてあり、これも赤坂風らしい。古赤坂の極めであるが三代正虎に近い作域を示している。

古赤坂1
古赤坂2
古赤坂3
古赤坂4
古赤坂5
古赤坂6
古赤坂7
古赤坂8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る