大刀剣市 カタログ掲載品
月山貞一

保存刀剣 NBTHK Hozon Paper

No.F00169

(附) 共箱 - 月山貞勝筆

白鞘  木ハバキ

     参 考 品

刃長 : 70.2cm  (2尺3寸2分) 反り : 2.0cm  (7分)

元幅 : 2.7cm 先幅 : 1.8cm 元重 : 0.6cm 先重 : 0.5cm

登録証

埼玉県教育委員会

平成20年09月17日

: 大阪府

時代 : 近代 明治43年 1936年

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀剣鑑定書

平成23年04月12日

帝室技芸員 月山貞一(花押)彫同作 至尊餘鉄以

明治四十三年三月吉日 為竹内浅吉君

形状

 

刃文

 

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常に、反り高くつき、中鋒に結ぶ姿の良い太刀風の姿形となる。

小板目肌よくつみ、処々わずかに柾がかり、地沸つき、地景入る。

互の目・小互の目を連れて焼き、小丁子風の刃交じり、部分的に逆がかり、足入り、匂勝ちに小沸つき、金筋入り、砂流しかかる。

直ぐに小丸に返り、先掃きかける。

表:棒樋に腰元に玉追い龍、裏:棒樋に爪付剣を肉彫する。

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違に化粧つく、目釘孔一。

説明

 月山貞一(初代)は、貞吉の養子となり、雲龍子と号す。幕末における巨匠のひとりであるが、残念ながら廃刀令に際会し、苦労を重ねるも刀鍛冶を続ける。明治39年には、宮本包則とともに帝室技芸員に任ぜられ、日本刀鍛錬技術の保存と向上のために尽力している。作風は、家伝である綾杉伝の他に備前伝、相州伝など多岐にわたり上手であり、また、刀身に施した彫物も高い評価を得ている。

 本作は、太刀風の優美な姿に、地鉄は、小板目がよく詰んでいる。刃文は、いわゆる備前伝にて互の目・小互の目に小丁子風の刃を少しく交え、刃中に砂流し・打ちのけなどよく働いている。彫物は表に宝珠を追った昇龍を、裏に爪付剣を精緻に肉彫し真に美事である。

備考

新々刀 上々作。

帝室技芸員。

 

月山貞勝筆の共箱が附帯している。

「刀 一振」

「一 至尊御刀餘鉄 為竹内浅吉君表昇龍裏剣彫刻備前一文字伝長二尺三寸 故帝室技芸員月山貞一傑作正真ナルヲ証ス依而箱書 大正丙寅年十一月吉日

御刀匠 月山貞勝(落款)」

月山貞一1
月山貞一2
月山貞一3
月山貞一4
月山貞一5
月山貞一6
月山貞一7
月山貞一8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る