大刀剣市 カタログ掲載品
志水甚五

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

NoF00109

桐箱 日野松庵先生箱書

     参 考 品

竪長さ : 7.2cm   横長さ : 7.0cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

鯉図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成21年10月27日

(無銘) 甚五

 

角木瓜形、鉄槌目地、鋤出彫、銀布目象嵌、丸耳、両櫃孔

説明

志水甚五は肥後八代に住し、平田彦三の甥と伝える。林、平田、西垣、志水の四派を中心とした肥後金工は、細川三斎忠興の指導によって発展盛行したが、中でも甚五は最も異色の存在であり、その大胆で野趣に富んだ作風は他に類がなく個性的である。

鯉図は甚五の最も得意とした図柄の一つであり、強く鍛え上げられた地鉄に尾に銀の布目象嵌を加え、また滝を表現しているのであろうか縦に時雨鑢がかかっている。意識的な腐らかしによる穴のような変化は、ほとばしる滝の水滴を表しているのであろう。鯉の顔つきは優しく穏やかなものである。裏は、梅の花や蕾を銀の布目象嵌で簡素に表現している。

備考

日野松庵先生箱書

「甚五 鐔 鉄角木瓜形 肉彫 鯉 昭和辛丑初夏 松庵 (落款)」

志水甚五1
志水甚五2
志水甚五3
志水甚五4
志水甚五5
志水甚五6
志水甚五7
志水甚五8
志水甚五9
志水甚五10

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る