神吉深信

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.F00043

桐箱

\ 400,000 (税込)

竪長さ : 8.0cm   横長さ : 7.8cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

窓桐透図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成19年12月25日

(無銘) 神吉

 

竪丸形、鉄地、地透、毛彫、丸耳、片櫃孔赤銅当金

説明

神吉家は林又七の流れであり、初代:寿平正忠の時、藩命によって林家に入門し肥後細川家の抱え工となった。二代深信、三代楽寿は共に名工の誉れが高い。

本作は、「神吉」の二字銘であるが、銘振りより二代:深信の作と思量される。大振りの一枚にて窓の格子に花桐を大胆に配し、毛彫りの鏨もよく効いて、鉄味も良い。「神吉」の在銘は二代深信の作風を知る上でも好資料といえる。

神吉深信1
神吉深信2
神吉深信3
神吉深信4
神吉深信5
神吉深信6
神吉深信7
神吉深信8
神吉深信9
神吉深信10
神吉深信11

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る