泰龍斎宗寛

特別保存刀剣 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No. F00023

(附) 研出鮫印籠刻腰二分刻鞘打刀拵

白鞘  金着一重ハバキ

「日本刀大鑑 新刀編二」 所載

     売 約 済

刃長 : 75.9cm  (2尺5寸半) 反り : 1.6cm  (5分半)

元幅 : 3.3cm 先幅 : 2.5cm 元重 : 0.8cm 先重 : 0.6cm

登録証

東京都教育委員会

昭和36年11月30日

: 武蔵国 (東京都・埼玉県・神奈川-東部)

時代 : 江戸時代後期 元治元年 1864年

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

特別保存刀剣鑑定書

平成07年07月

泰龍斎宗寛造之

元治元年十一月日

形状

刃文

帽子

身幅広く、重ね厚く、長寸にて、反り浅く、中鋒延びごころの典型的勤王刀姿である。三ツ棟。

小板目肌よくつみ、地沸細かにつき、地景入り、宗寛独特の横目映りたつ。

小互の目丁子、足よく入り、匂本位に小沸つき、砂流しかかる。

乱れこんで、先やや伏しごころに小丸。

説明

この刀は、泰龍斎宗寛の典型的作風をなし、かつ出来も傑出しているところから、「日本刀大鑑 新刀編二」 56頁に所載されております。

備考

新々刀 上作。

泰龍斎宗寛
泰龍斉宗寛

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る