後藤悦乗

特別保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00161

桐箱

\ 280,000 (税込)

長さ : 9.7cm    : 1.5cm

画題

富士山三保松原図

: 山城国 (京都府-南部)

時代 : 江戸時代初期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

特別保存刀装具鑑定書

平成10年02月17日

狩野孝信図 悦乗(花押)

 

赤銅魚子地、高彫金銀色絵、裏金・銀殺継 赤銅・素銅竪二引

説明

後藤悦乗は、理兵衛を襲名し、宗家九代程乗の次男として、寛永19年(1642)に京都で生まれる。諱は光邦と名のり、同人である。加州前田家に召しかかえられ、百五十石を賜る。同苗演乗と隔年ごとに加州金沢に京都より出張滞在し、前田家に出仕し、彫金などの仕事に従事した。多くの門弟を養成し、加州金工の発展につくした功績は大きい。

備考

 

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る