京透

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00160

桐箱 佐藤寒山先生鞘書

     売 約 済

竪長さ : 8.0cm   横長さ : 7.9cm  耳の厚さ : 0.6cm

画題

四方花菱蕨手図

: 山城国 (京都-南部)

時代 : 桃山時代

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成26年07月01日

(無銘) 京透 (江戸時代)

 

丸形、鉄地、地透、丸耳

説明

京透し鐔は、京都で造られた透し鐔の総称で、平安城透し鐔ともいう。作風としては、重ねの薄い鉄の地透しという共通点のほか、耳には丸耳と角耳がある。図柄には草木・花弁・動物のほか、鳥居・車・橋などあって、いずれも地透し部分がおおく、清々しい感じのものとなる。

備考

佐藤寒山先生鞘書

「京透鐔 花菱唐草文透

丸形 鉄地 影透 無銘京透 昭和辛亥弥生 寒山誌(花押)」

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る