原田一輪

特別保存刀装具 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No.B00157

桐箱

\ 500,000 (税込)

竪長さ : 8.4cm   横長さ : 7.9cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

雲龍図

: 筑後国 (福岡県-南部)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成29年01月19日

行年六十五 一輪(花押)

 

障泥木瓜形、鉄地、鋤出高彫、象嵌、丸耳

説明

原田一輪は幾次といい、享保二年(1802)に生まれ、30余才で京都にのぼり後藤一乗の門に入り、3年間の修行をつとめた。帰京後、有馬家の抱え工となり、同地における家彫り流の作の始祖と称されたと伝えている。筑後国久留米に住し、華山軒と号し、明治14年10月14日に81才で没した。

備考

 

原田一輪
原田一輪
原田一輪
原田一輪
原田一輪
原田一輪

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る