広木弘邦

共箱 - 広木弘邦筆

No.B00156

桐箱

\ 125,000 (税込)

竪長さ : 10.4cm   横長さ : 10.3cm  耳の厚さ : 0.035cm

画題

桜瓢箪図

: 神奈川県

時代 : 現代

鑑定書

弘邦(広木弘邦)

 

丸形、鉄地、地透、打返耳

説明

 広木弘邦刀匠は、本名を広木順一といい、昭和23年、福岡県に生まれる。人間国宝:隅谷正峯刀匠に師事し、独自の研究を重ね青江写しを得意としている。昭和43年、文化庁より作刀承認を得る。昭和48年、神奈川県厚木市に鍛刀場を開設する。平成8年、(財)日本美術刀剣保存協会の無鑑査に認定される。

 本作は、広木刀匠が余技をもって古作の甲冑師鐔を写したものである。大振りな体配に、強い鍛えをみせ、縦横の比率や透かしのバランスも良い。

備考

「甲冑師 桜瓢箪透

平成二十三年弥生 弘邦作(落款)」

広木弘邦1
広木弘邦2
広木弘邦3
広木弘邦4
広木弘邦5
広木弘邦6

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る