井上明祥

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00149

桐箱

\ 250,000 (税込)

竪長さ : 7.7cm   横長さ : 7.1cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

波濤珠追龍図

: 山城国 (京都-南部)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成24年05月01日

明祥 (花押)

 

木瓜形、鉄磨地、高彫、据紋象嵌色絵、打返耳

説明

 井上明祥は、井上氏、高祥といい、土佐左近と称し、吟竜舎と号す。天保3年、京に生まれ、明治28年2月4日に同地にて63歳で歿した。井上家は代々加茂神社の社家であり、余技としての彫技に巧みであった。その為に、作品に加茂と添銘を加えることがある。弘化年間に荒木東明に彫金を習った巧手である。明治2年、宮中の御用で菊御紋の太刀一腰と短刀二腰を調達した。同5年4月4日に加茂神社の御用掛を久我定通邸で仰せつけられ、作名に加茂明祥とも切り付けることがある。

 この鐔は、鉄磨地が美しく、表裏に波濤を高彫にし、表に龍を、裏に宝珠を配している。波濤は鏨がよく効いており、その飛沫を金銀で象嵌している。龍は立体的で躍動感があり、こちらも金銀で装飾されている。裏には、龍が追っている宝珠が波間に踊っている。

備考

 

井上明祥1
井上明祥2
井上明祥3
井上明祥4
井上明祥5
井上明祥6
井上明祥7
井上明祥8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る