成木一成

無鑑査 Mukansa

No.B00144

桐箱

\ 110,000 (税込)

竪長さ : 7.9cm   横長さ : 7.7cm  耳の厚さ : 0.6cm

画題

花弁図

: 岐阜県

時代 : 現代

鑑定書

一成造

 

丸形、鉄地、地透、丸耳、両櫃孔

説明

 成木一成氏は、昭和6年生まれで、故高橋介州氏に師事した。成木氏は長年にわたり、尾張・赤坂・金山鐔などの鉄鐔の復元を試み、自ら材料の砂鉄を全国各地から集め、自家製たたら製鉄によってその地鉄の再現に努めた。また、鉄地の表面処理の焼手腐らかし技法の復活にも挑戦しせいこうするなど、氏独自の鉄鐔の世界を展開している。平成21年に無鑑査に認定されている。

 やや縦丸形で、中低にて、耳は厚い。鉄槌目地は錆色も美しく、花弁の図柄を左右対称に配置した尾張鐔を写したもので耳には鉄骨もみられる。

備考

表面の中心孔上部にわずかに割れがあります。

成木一成1
成木一成2
成木一成3
成木一成4
成木一成5
成木一成6