会津正阿弥

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00130

桐箱

      売 約 済

竪長さ : 8.5cm   横長さ : 7.8cm  耳の厚さ : 0.6cm

画題

月下孤狼図

: 陸奥国 (青森県・岩手県・宮城県・福島県)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成21年02月24日

(無銘) 会津正阿弥

 

変り木瓜形、鉄槌目地、鋤出高彫、象嵌色絵、打返耳、両櫃孔

説明

 月下の孤狼とともに、その傍らには草木に埋もれた髑髏(しゃれこうべ)がある。所謂、野晒しの図で室町時代末期から桃山時代にかけて流行をみる。武人たちは常に死と隣り合わせで生きなければならなず、当時の世相をよく反映している。

会津正阿弥1
会津正阿弥2
会津正阿弥3
会津正阿弥4
会津正阿弥5
会津正阿弥6
会津正阿弥7
会津正阿弥8