五代林又平

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00097

林・神吉 伊藤満:著 所載

桐箱

     売 約 済

竪長さ : 7.7cm   横長さ : 7.5cm  耳の厚さ : 0.45cm

画題

梅樹図

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成24年03月01日

(無銘) 林

 

変り形、鉄磨地、地透、毛彫、丸耳

説明

 五代林又平は、「肥後金工録」には、「五代目林又平 重久重之 また源保之と銘するは同人との説あり。明和7年(1770)生、文政6年(1823)11月死。行年五十四」と記述がある。

 又平の鐔は、謹直な三代籐八を思わせる作風であり、その中には幕末の神吉深信や楽寿にある大ぶりなものもある。籐八より毛彫りが太く、抑揚もなくやや硬い傾向もあるが、よくまとまっていて、中には籐八や深信と見まちがうものもある。象嵌をくわえたもののほとんどが三代のように桂菱である。

 本作は、籐八風の雰囲気であるが、毛彫りが細かく抑揚があり、より三代に近いともいえる。ただ、明るい羊羹色の鉄は、艶はあるが時代がなく、また外周が平行になることからも作者は又平であると思われる。

備考

林・神吉-肥後の金工 林・神吉各代とその作品 伊藤満:著

171頁 所載 「五代林又平」

五代林又平1
五代林又平2
五代林又平3
五代林又平4
五代林又平5
五代林又平6
五代林又平7

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る