後藤乗真吉久

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00075

桐箱 佐藤寒山先生箱書

     売 約 済

長さ : 9.8cm    : 1.55cm

画題

馬具図

: 山城国 (京都府-南部)

時代 : 室町時代後期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成22年12月22日

(無銘) 伝乗真

 

赤銅魚子地、高彫、金紋

説明

 後藤家三代乗真は二代目宗乗の嫡男で、俗名を二郎、諱は吉久、のち源四郎治光と称し、足利将軍、義晴・義輝の二公に仕え、近江の坂本に所領を有していた。後に北近江の浅井家と確執があり、永禄5年3月6日、浅井亮政の襲撃を受けて戦死した。享年51歳。上記の如く、乗真は彫金工とは別に武将でもあり、剛勇の性格の持ち主であったから、作品は大振りで力強く、額面いっぱいに彫るのが特長とされている。

 

備考

佐藤寒山先生箱書

「馬道具小柄 無銘乗真也」

「赤銅魚子地 高彫ウツトリ色絵 無銘 乗真 昭和五捨貳年秋 寒山誌(花押)」

後藤乗真吉久1
後藤乗真吉久2
後藤乗真吉久3
後藤乗真吉久9
後藤乗真吉久10
後藤乗真吉久4
後藤乗真吉久5
後藤乗真吉久6
後藤乗真吉久7
後藤乗真吉久8

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る