大野

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00064

桐箱

     売 約 済

竪長さ : 7.4cm   横長さ : 7.0cm  耳の厚さ : 0.75cm

画題

四方鶴図

: 尾張国 (愛知県-西部)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成16年10月27日

(無銘) 大野

 

竪丸形、鉄槌目地、肉彫地透、角耳小肉、両櫃孔

説明

 大野鐔は、尾張国知多郡大野村で活躍した鐔工の作品を指す呼称で、作風は金山風にして、武張って力強いものが多い。「尾州大野住福重」「尾州大野住福茂」など在銘のものもある。

 本作は、鉄鎚目地に平地・耳ともに鉄骨がよく出ている。耳が厚く、武張っており、四方に大胆に舞鶴を配した図柄が面白い。

大野
大野
大野
大野
大野
大野
大野
大野

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る