赤坂四代忠時

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00048

桐箱

\ 200,000 (税込)

竪長さ : 8.2cm   横長さ : 7.9cm  耳の厚さ : 0.6cm

画題

桐樹透図

: 武蔵国 (東京都・埼玉県・神奈川-東部)

時代 : 江戸時代後期

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成21年10月31日

(無銘) 赤坂四代忠時

 

竪丸形、鉄磨地、地透、毛彫、丸耳、両櫃孔

説明

四代:赤坂彦十郎忠時は、今から約300年前の宝永4年に家督を相続、没年の延享3年迄、相続期間39年間にわたり活躍した。まさに赤坂鐔の中興の祖であり、「親彦」「先彦」と称された名鐔工である。

 本作は、やや大振りにて、重ね厚く、ズシリと重量感が感じられる。肥後風の図取、特徴ある丸耳、中心孔に向け一種独特の打ち込み鏨があることなどから、四代忠時の作であることがわかる。この鐔は、後世に錆付けされた感はあるが、大振りにて四代忠時の典型作である。

赤坂四代忠時1
赤坂四代忠時2
赤坂四代忠時3
赤坂四代忠時4
赤坂四代忠時5
赤坂四代忠時6
赤坂四代忠時7
赤坂四代忠時8
赤坂四代忠時9
赤坂四代忠時10

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る