大野

保存刀装具 NBTHK Hozon Paper

No.B00045

桐箱 畳紙

     売 約 済

竪長さ : 7.1cm   横長さ : 6.8cm  耳の厚さ : 0.7cm

画題

福槌図

: 尾張国 (愛知県-西部)

時代 : 江戸時代中期

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀装具鑑定書

平成16年04月13日

(無銘) 大野

 

竪丸形、鉄槌目地、肉彫、地透、角耳小肉、両櫃孔

説明

やや小振りで、厚手な造込み、耳から切羽台に向かってわずかに肉を落とし、地鉄はやや黒みがかり、耳には金山鐔以上に鉄骨が出て力強い。耳を中心にいたるところに鉄骨がでており、まさに鉄骨のお手本のような鐔である。図柄は福槌を大模様に肉彫地透している。姿・地鉄・図柄すべてが大野らしさを物語っている。これほどに厚手で、鉄骨のみなぎった強靱な地鉄であれば、柳生連也斎流の「臼に入れて、力まかさにつかせ、叩かれてもびくともしなかったであろう。」

図柄も大黒様の持つ福槌を留守模様であらわし縁起がよい。

大野1
大野2
大野6
大野7
大野8
大野9
大野10
大野11
大野12
大野13
大野3
大野4
大野14
大野15
大野16

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る