加藤兼房

 

No.A00453

(附) 刀箱     (予約済)

白鞘  金着一重ハバキ

\ 1,000,000 (税込)

刃長 : 71.6cm  (2尺3寸6分) 反り : 1.8cm  (5分半)

元幅 : 3.3cm 先幅 : 2.8cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.6cm

登録証

岐阜県教育委員会

昭和59年12月21日

: 岐阜県

時代 : 現代 昭和59年 1984年

鑑定書

藤原兼房彫同作之

昭和甲子年秋吉祥日

(棟に)二十四代 二十五代 父子合作

形状

 

刃文

 

帽子

彫物

鎬造、三ツ棟、身幅広め、重ねやや厚く、元先の幅差少なく、反り浅くつき、大鋒となる。

板目、処々柾がかり、地沸つき、地景入る。

頭の丸い互の目丁子を主調に互の目・小互の目交じり、焼き高く華やかとなり、足入り、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。

乱れ込み小丸に返り、先掃きかける。

表裏に棒樋を丸留めし、表は這竜、裏に爪付剣

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。

説明

 加藤一門は美濃鍛冶の名門で初代兼房が室町時代に「兼房乱れ」の独特の作で名をなして以来、岐阜県関市において代々その名を継承している。
 二十四代:藤原兼房は本名を加藤孝雄といい、大正11年9月8日に生まれる。幼少から父:二十三代兼房に師事、作刀技術発表会に毎回出品、入選する。作風は備前伝、相州伝、美濃伝を得意として彫技も巧みである。
 二十五代:藤原兼房は本名を加藤賀津雄といい、昭和32年1月7日に二十四代:藤原兼房の次男として生まれる。昭和50年、重要無形文化財保持者(人間国宝)故:月山貞一刀匠に入門する。昭和58年、父:二十四代兼房に師事、昭和59年、日本刀鍛錬道場を開設し、二十五代:藤原兼房を襲名する。

  この刀は、形状は、身幅広めに、重ねやや厚く、元先の幅差少なく、反り浅くつき、大鋒となった豪壮な姿を呈す。地鉄は、板目に処々柾がかり、地沸つき、地景入る。刃文は、兼房丁子と呼ばれる頭の丸い独特な互の目丁子を主調に、互の目・小互の目交じり、焼き高く華やかに乱れ、足入り、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。さらに、彫物は、表に這竜、裏に爪付剣を配し、彫口は精緻で鏨がよく効いている。身幅の広く、大鋒に結んだ豪壮なる姿に、兼房丁子の華やかな刃文を焼き、這竜の彫物と相俟って迫力のある作品となっている。

備考

加藤兼房1
加藤兼房2
加藤兼房3
加藤兼房4
加藤兼房5
加藤兼房6