川崎晶平

 

No.A00433

白鞘  金着二重ハバキ

     売 約 済

刃長 : 75.3cm  (2尺4寸8分半) 反り : 2.3cm  (7分)

元幅 : 3.25cm 先幅 : 2.6cm 元重 : 0.6cm 先重 : 0.5cm

登録証

長野県教育委員会

平成12年01月25日

: 群馬県

時代 : 現代 2000年 平成12年

鑑定書

信濃国晶平作

平成十二年二月日

形状

刃文

 

帽子

彫物

鎬造、三ツ棟、身幅広く、重ね厚め、反り浅くつき、中鋒延びごころとなる。

板目つみ、地沸つき、地景入る。

のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、沸強くつき、金筋入り、砂流しかかる。

直ぐに小丸に返り、先掃きかける。

表裏に棒樋を掻き流す。

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。

説明

 川崎晶平刀匠は、本名を川崎仁史といい、昭和43年、大分県に生まれる。明治大学政治経済学部卒業後、平成6年に長野県坂城町の宮入小左衛門行平師に入門する。11年に文化庁より作刀承認を受け、同年、新作名刀展に初出品し優秀賞・新人賞を受賞する。13年の新作刀展において初の特賞「協会名誉会長賞」を受賞する。15年に独立、埼玉県美里町に「晶平鍛刀道場」を開設するし、同年「文化庁長官賞」受賞、16年「協会会長賞」と連続して受賞する。また、新作日本刀・刀職技術展覧会においては、第1回、2回と連続して、4回にも特賞一席の「経済産業大臣賞」を受賞する。

 本当は、身幅広く、長寸にて、切先は大きく延びた豪壮な姿となる。地鉄は、板目がつみ、地沸つき、地景入る。刃文は、のたれ調に互の目・小互の目交じり、足入り、匂深く、沸強くつき、処々叢となり、金筋入り、砂流しかかる。

備考

川崎晶平1
川崎晶平2
川崎晶平3
川崎晶平4

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る