吉原義一

無鑑査 Mukansa

No.A00370

白鞘  金着二重ハバキ

      売 約 済

刃長 : 75.1cm  (2尺4寸8分) 反り : 2.2cm  (7分)

元幅 : 3.05cm 先幅 : 2.2cm 元重 : 0.65cm 先重 : 0.5cm

登録証

東京都教育委員会

平成25年12月10日

: 東京都

時代 : 現代 平成5年 1993年

鑑定書

義一作(吉原義一)

平成六年正月日

形状

刃文

帽子

彫物

鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常に、先反りつき、中鋒となる。

板目つみ、地沸つき、地景入り、淡く映りたつ。

丁字乱れを主調に蛙子丁子・互の目など交じり、焼高く華やかに乱れ、足入り、匂勝ち小沸つき、砂流しかかり、匂口明るい。

焼き深く、のたれて尖って返り、先掃きかける。

表裏に棒樋を掻き流す。

生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔一。

説明

 吉原義一刀匠は、昭和42年に現代刀匠界の名門:吉原一門の吉原義人刀匠の長男として東京に生まれる。叔父に同じく吉原国家刀匠がいる。18歳より父:義人刀匠に入門し、鍛刀の修行を開始する。父譲りの天性の器用さと感性で初出品で努力賞・新人賞を受賞する。平成6年以後、高松宮賞3回、文化庁長官賞3回、他特賞4回と毎年特賞を連続して受賞する。平成16年、36歳の最年少で無鑑査に認定される。作風は、吉原義人刀匠と同様に「吉原丁子」と称される華やかな重花丁字乱れの備前伝を最も得意とする。

 本作は、太刀を想わせる姿形に、焼きの高い華やかな丁字乱れに、蛙子丁子・房の大きな丁子など様々な丁子を交えている。刃文の構成が丁子を主として互の目が少なく、焼きに出入りがあり、鎌倉時代中期の福岡一文字派をねらったものであろう。就中、処々に丁子の房が横に広がり角張った特徴あるものが看取され、これは一文字吉房にまま見受けられるものとなっている。吉原義一刀匠がもっとも得意とする備前伝の作風にて、一文字吉房を彷彿とさせる優刀の一振りとなっている。

備考

無鑑査

吉原義一1
吉原義一2
吉原義一3
吉原義一4

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る